三郷市・越谷市の家族葬ならトーサイセレモへ
HOME>家族葬について

家族葬について

家族葬について
家族・身内でお見送りする「家族葬」には、明確な定義はありません。
そのため、「小さいお葬式」「安いお葬式」とも言われたりしますが、「家族葬」は、単に質素な安いだけのお葬式ではありません。
故人=死者を中心に執り行うことを大切に式の進行を考え、お見送りを大切にしたご葬儀なのです。
一般のお葬式のように、関係者であれば自由に参列できるということではなく、あらかじめ限られた家族や親戚、ごく親しい友人でゆっくり葬儀を執り行います。
トーサイセレモの家族葬
ご葬儀の流れ

病院(お亡くなりになられた場所)からご指定の場所(ご自宅、安置所)へお連れします。
最愛の人を亡くし、深い悲しみの中、大変混乱されていると思います。
しかし、まずは、故人様をご自宅等にお連れしてご安置することが先決です。
また、必ずしも搬送を依頼した葬儀社に葬儀を頼む必要はありません。
遠方でお亡くなりになられた場合、また、遠方にお連れする場合でも対応いたしますので、ご相談ください。

 

故人様のお体をお守りし、お葬儀当日までご安置します。
ご自宅にお連れした場合、お布団を用意していただき、故人様をお寝かせします。
枕飾りを用意し、お線香を上げていただき、故人様のお好きだったもの等をお供えして、お葬儀の日までご供養します。
ご自宅にお連れできない場合でも、お葬儀当日まで責任を持ってお預かりします。

 

葬儀日程を決定し(式場、火葬場等の手配)、葬儀内容の打合せをします。
お葬式に参列することはあっても、喪主(取り決める立場)になることはそうありません。
ですから、誰もが分からないことや、不安なことだらけだと思います。
時間を掛けて打合せをすることにより、疑問や不安を解消します。
そして、どのように故人様をお送りしたいかをお聞きして、お葬儀に反映します。

細かい内容等につきましては、ご予算に合わせ、実際に写真等を見ていただき、確認、決定をしていきます。

※お悲しみ深く、混乱している中では、正しい判断がつきづらくなります。

故人らしくお送りするためには、事前にご相談されることを、お勧めいたします。

 

故人様のお体を清め、お棺にお納めします。

白装束を身に付けるお手伝いをしていただきます。
(旅支度)生前、故人様が愛用なさっていた、お洋服等も、ご一緒にお入れします。

 

故人様と過ごす、最後の夜となります。

一般的には、宗教者を招き、読経を上げていただき、故人様のご冥福をお祈りし、お焼香をします。
その後に、参列者へのもてなしとして、通夜振る舞い(会食)をお召し上がりいただきます。

 

故人様の死を弔うための儀式であり、最後のお別れとなります。
お通夜は故人様のご冥福をお祈りするための儀式であり、葬儀式は、故人様が無事にあの世へと旅立っていただくための儀式となります。

宗教者を招き、読経を上げていただき、お焼香をします。
その後に、皆様でお棺を囲み、生前のご愛用の品、お花等をたむけていただき、最後のお別れをします。

 

故人様を霊柩車(皆様はマイクロバス等)にお乗せし、火葬場へ向け出立します。
(火葬場併設の式場の場合は、お棺に続き、徒歩にてのご移動となります。 )

 

火葬場にて故人様を荼毘に伏します。
故人様を荼毘に伏した後は、皆様の手で、お骨を拾い上げ、お壺にお収めします。

 

ご拾骨の後に、参列者の方々への労をねぎらい、会食をします。
斎場によっては、利用時間の都合上、ご拾骨をお待ちいただいているお時間に、会食をしていただく場合もございます。

 

お骨と共にご自宅に帰っていただき、四十九日、納骨までご供養します。
一般的には、ご自宅にお骨をお飾りするための祭壇を準備し、故人様のお好きだったものやお花などをお供えし、お線香を上げていただき、四十九日(または納骨の日)までの間、ご供養します。

葬儀式を済まされた当日に納骨する場合もございます。)

問い合わせ